名刺

見返した時に印象が下がらない名刺とは

名刺作成の時に気を付けることは文字の大きさ、太さです。
たいていの人は商談などが終わった後は名刺ケースなどで名刺を保管します。世の中には数多くの名刺がありますが、文字が小さく、文字の太さが細い名刺だと頼りない印象を与え、敬遠されてしまう可能性があります。文字の印象がいつの間にかその人の印象になってしまっているのです。人物像がいくら好印象でも、後で名刺を見返された時に印象が下がってしまうのは勿体ないですよね。そのため、名刺作成というのは非常に重要になってきます。会社名や自分の名前の文字の揃え方を検討することも大事ですが、文字の太さや大きさを検討することも大事です。
先程触れたように文字の太さが細すぎたり、大きさが小さすぎるものは敬遠されてしまいます。だからといって、文字を極太にしたり、単に文字を大きくしたりすると稚拙な印象の名刺になってしまいます。隣の行との間隔が詰まってしまうからです。
名刺作成の時はまずどの程度の情報を名刺に入れるのかを考えなければいけません。その後、実際に文字を配置します。隣の行間が詰まってしまわない程度に文字の大きさや太さを調整しましょう。後から名刺を見返された時に印象が下がってしまわないかセルフチェックしてみることをお勧めします。

ピックアップコンテンツ